水虫はうつされないように予防にも気を付ける

水虫は本来だとそこまで感染力の強いものではないのですが、現代日本人の生活は一度肌についた白癬菌が好みやすい環境が整っているため、こと日本に限って言えば感染力がかなり強い状態になっています。
特に夏場に感染してしまうと夏の高温多湿な気候とあいまって一気に悪化してしまうことがありますから、水虫予防をするのであればまず他人にうつされないようにすることが重要です。
さて、では具体的に他人にうつされないようにする予防としてはどういったことをすれば良いのかと言うと、基本となるのは清潔と乾燥の二つです。
まず清潔については肌に付着した白癬菌が定着するよりも先に洗い流すことです。
白癬菌が皮膚に定着するまでには24時間ほどかかると言われており、その間であればたとえ肌に白癬菌が付いたとしても洗い流せば水虫は発症しません。
したがって毎日お風呂に入った時にせっけんをつかって足の指の間までしっかりと洗えば白癬菌は毎日洗い流すことができるわけです。
次に乾燥についてですが、これは主に肌に定着してしまった白癬菌が水虫になることを防ぐために行うべきことです。
白癬菌が増殖するためには高温多湿の環境が必要ですが、逆に高温多湿の環境を作らないようにすれば白癬菌の増殖は食い止められます。
ただ高温の環境を作らないというのはなかなか難しく、靴下や革靴を履かなくてはならないビジネスマンだと常に涼しくしておくと言うのは現実的ではありません。
ですからここでは湿度を上げない乾燥を重点的に行うべきとなり、具体的には定期的に靴を脱いで風を通してやり、また出来れば職場などでは通気性の良いスリッパを履くようにすると良いでしょう。
こうしたことを徹底すれば水虫がうつることはほぼ完全に予防できますから、毎日の生活に取り入れていくことをおすすめします。
また、万が一水虫になってしまった場合はケトコナゾールの成分を含んだ治療薬を使用しましょう。
通販でニゾラールクリームを購入することで水虫はスムーズに治療できるのでおすすめです。

サイト内検索
人気記事一覧