水虫になりやすい季節って?

水虫の足裏

水虫は一年中感染する危険性がありますが、なりやすい時期は梅雨から夏にかけてです。
これは水虫の原因となる白癬菌が高温多湿の場所を好んで繁殖することが理由で、日本の気候は梅雨から夏にかけてが白癬菌の繁殖しやすい高温多湿になるためです。
そのため仕事で革靴を履く機会が多い男性は、出勤時から帰宅時までの長い時間、ずっと靴を履きっぱなしになってしまい足が蒸れやすくなるので、梅雨から夏にかけて水虫の症状が悪化しやすくなるのです。
水虫は自然に治ったという人もいますが、そういう人は秋から冬にかけて増えてきます。
それは白癬菌が苦手とする低温と乾燥の時期になって活動が低下しているためです。
現在の日本では冬でも室内の暖房温度が高く設定されていたり、乾燥防止のために加湿器を設置しているところも少なくありません。
また、冬場になるとブーツを履く機会も多くなり、足の中が蒸れてしまいます。
この状況は梅雨から夏にかけての白癬菌が繁殖しやすい環境と同じような環境を作り出してしまいます。
そのため、梅雨から夏以外の時期でも一年中水虫に感染しやすくなってしまっています。
対策としては白癬菌の生息しにくい状況を作ることです。
低温にすることは冷えなどを引き起こしてしまうので難しいですが、足を乾燥した状態にすることは簡単にできます。
仕事で履く靴は2足以上用意しておき、二日続けて同じ靴を履かないようにして湿気対策を行ったり、帰宅したら靴下やストッキングなどの足の蒸れの原因となるものを脱ぐようにしたり、風呂上がりなども足の指の間の水気もしっかりとタオルで吸い取って乾燥させるようにすることで水虫の感染とぞうしょくを防ぐことができます。